のんびりAYU's Diary


by chocolog-Ayu
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

恐い話...でもないんだよね

ゲームの事懐かしみながら小学生の頃も思い返していたら
「そう言えばあの頃、変わった噂話があったっけ」と、ふと記憶が蘇った。
いやね、恐い(不吉な)話とかさ。こういう話しって何処からともなく
入ってくるんだよねぇ、話の出所は一体何処なんだろうか...。

うちの世代(友達の中?)で流行ったというか、出回ったのは
「マンホールの蓋を踏んではいけない(不吉だという)」
「黒猫を見たら自分の歳の数だけ後ろに下がらないと嫌な事が起きる」
「階段を降りる際、一番最後の歩数が奇数だと不吉」等々。
今思えばどれもくだらない“そんなバカな...”って事ばかりだけど、
小さい頃は本当に嫌な事が起こるんじゃないかと恐がったもんですわ。
花子さんとか口裂け女とかも凄く流行ったなー。凄く流行ったって言うのも
どうかと思うが...;

あと「夜中の2時に合わせ鏡をすると自分の生まれてから死ぬまでの顔が見える」
とかね。当時は2時まで起きてるなんて事なかったけど、これはかなり
恐ろしくて、絶対夜中には鏡を見るもんか!とビクビクしたもんですよ。
お風呂場の戸が開いていると洗面所の鏡と合わせ鏡になってしまうので、
注意して日々警戒していた(笑。
まぁ、今も夜中に鏡はあんまり見たくはないけど(~w~;)。
金縛りとか霊を見たとか、そんな体験は全然ないけどなんとなくね。

こういう噂話って世代や地方によっても色々違ったり変わってたり
するんだろうなぁ、面白そう。
それはそうと今の小学生の中でもこういう話しはあるのかな??
なんだか今の子は昔と違って冷めてそうだけど...。
「え、花子さん?そんなのいるわけないじゃん。。」
なんてね、それもちょっと嫌だな(笑。
[PR]
by chocolog-Ayu | 2005-10-15 23:31 | diary